QR

STAFF BLOG

スタッフブログ

2024.06.13

住まいの中に適した床材を見つけよう!

前回は、内装にアレンジをということで壁や天井などの建材をご紹介しましたが
今回は、畳やクッションフロアなどの床材についてご紹介します!

 
 
近年、和室離れが進んでいき畳のない住まいも多くみられます。
なんとなく和室のための畳という考えになりがちですが、
畳には多くのメリットがあり、現代の暮らしにもマッチしている部分もあります。
 
畳にはクッション性があるため、転倒時の危険性が少なく、防音性にも期待ができる。
赤ちゃんがいる家庭や子育て世代にオススメできる理由です。
さらに、断熱性や保温性、調湿性に優れているので、高温多湿な日本の環境にかなり適しています。
 
また、和室は少なくなったものの、「和モダン」な住まいでは
インテリアとしての畳が注目されてきており、従来の畳の構造とは少し違った種類の畳が増えてきています。
 
従来の畳は、畳表にい草、畳床にはわらが使われ、自然素材からできており
い草の香りによる癒し効果などが大きな魅力でした。
 
一方、畳表に和紙やポリプロピレンなどの新素材を用いる畳が増えてきています。
従来のい草にはない、手入れのしやすさや耐久性などに期待ができるものとなっています。
中には、ダニやカビの心配がない抗菌仕様のものや汚れに強い素材を使用したものなどもあります。
また、色柄が豊富で様々な雰囲気に合わせやすく提案の幅が大きく広がります。
 
 
時代が進むにつれ、和室の床材であった畳が、LDKのアクセントとして用いられたり
子ども部屋や客間に用いられたりと、住宅の中でのポジションが変わってきています。
その流れに合わせて、機能面が大きく変化をしてきているので、
それぞれの用途に適した畳を選びましょう。

 
 
次は、クッションフロアについてのご紹介です。
 
クッションフロアとは、厚さ1.8~3.5mm程度の塩化ビニール素材で作られるシート状の床材です。
水に濡れたり汚れがついたりしても、染み込むことがなく拭き取りだけで済むという優れものです。
そのため、キッチンや洗面所、トイレなど水回りの床材として使われることが多くありました。
 
しかし、近年このクッションフロアの需要にも変化が起きています。
従来の清掃性の他にも、消臭や除菌、防カビなどの機能が充実してきており
子育て世帯やペットを飼ている世帯を中心に水回りだけでなく、リビングなどにも用いることが多くなっている。
 
また、柔らかいシート状なので、施工がしやすく工期も短いためコストを抑えることができるのも特徴です。
その他、クッションフロアの機能やバリエーションについてもご紹介します。
 
 
〇ペット対応
 消臭機能で気になるペット臭やトイレ臭を軽減することができる。
 また、フローリングに比べ滑りにくいので、ペットの足や関節への負担も軽減できる。
 
 
〇遮音タイプ
 2.9mm厚のウレタン発泡層を取り入れることで階下への音の伝わりを軽減できる。
 高いクッション性も兼ね備えているので、お子さんなどの部屋にも最適なものとなっています。
 
 
〇床暖・土足対応
 優れたクッション性と土足でも使える高い摩耗性で玄関や土間でも用いることができる。
 また、床暖房にも対応するタイプもあるので、提案の幅が広がります。
 
 
〇クッションフロアデザイン
 木目調やタイル調以外にも、ヴィンテージ風や畳風、ポップ柄など豊富なデザインがあるのが大きな特徴です。
 部屋の雰囲気に応じて、デザインを変えることで雰囲気を壊すことなく用いることができます。
 
 
これらのようにクッションフロアも時代に応じて変化していき
様々な機能、デザイン面が進化していき使いやすい床材となってきています。
 
一方、注意しておきたい点としては、キズやへこみが付きやすく耐久性が低い点や
通気性が悪いことや商品によっては安っぽい見た目になってしまう点などがあります。
 
こういったメリット、デメリットをしっかり把握し、上手に使っていきましょう。
 
 
床材にも多くの種類があり、それぞれの用途に応じた適切な床材があります。
住まいの中で採用する際にも、用途や雰囲気に合わせて、それぞれに適した床材を見つけましょう!!

スタッフブログ情報一覧